不動産売却時の仲介会社を選定する【すまいValue】【HOME4U】

購入&売却検討

昨年の10月から保有している区分マンションの売却を考え、複数の仲介会社に見積もり依頼しました。

その時に利用したサービスが【すまいValue】【HOME4U】です。

一つ一つの仲介会社に見積もり依頼するのは手間がかかり過ぎる

そんな時に利用すべきサービスが、【すまいValue】【HOME4U】のような一括査定サービスでしょう。売却したい不動産情報を入力し、複数の仲介会社に一括で見積もり依頼ができます。

メリットは言うまでもなく、複数会社に一括で見積もり査定できること。

デメリットは想像できそうですが、依頼後に不動産会社から怒涛の電話がくること。

一括査定サービスを利用する前に自分がしたこと

一括査定サービス用のメールアドレスを一つ作成しました。

怒涛の電話もきますが、メールも大量にくるので、普段利用しているメールとの混同を避けるため新規のメールアドレスを作成しました。

もちろんフォルダ分けでも良いとは思います。

見積り依頼した仲介会社の数

合計10社に依頼しました。

【すまいValue】が以下の4社です。現在は小田急不動産、三菱地所ハウスネットも加わっているみたいです。

  •  住友不動産販売
  •  三井不動産リアルティ
  •  野村不動産アーバンネット
  •  東急リバブル

【HOME4U】が以下の6社です。

  • ナイス株式会社
  • 株式会社エーシークリエイト
  • 株式会社ランドネット
  • イオンハウジング品川シーサイド店 株式会社フォーメンバーズ
  • 京阪電鉄不動産株式会社
  • SRE不動産

どちらかと言うと、すまいValueが業界大手の会社で、HOME4Uが中堅から新興の会社となってます。

仲介会社の選定方法(面談前)

実際に仲介会社の営業さんと会う前に、下記3点で選定しました。

  1. メール内容のセンス
  2. 電話で話した印象
  3. 高すぎる査定金額を提示する会社は×

1については、文面のわかり易さや論理的であるかがまずあります。 査定金額のみ提示してきた仲介会社は×です。査定金額と査定根拠(同価格帯マンションの成約事例を絡めてくる等)を提示してきた仲介会社はです。

自分が最終的に選定した仲介会社が◎だったのは、査定金額と査定根拠はもちろんのこと、どのように売却するかに応じて売出価格の複数案を提示してくれたことです。以下みたいな感じです。

① 市況が悪くなる前に速やかに売り切る案・・・○,○○○万円(表面利回り約○.○%)
② なるべくスピーディーに相場に近い金額で売り切る案・・・○,○○○万円(表面利回り約○.○%)
③ 時間をかけてでも高値売却を追及する案・・・○,○○○万円(表面利回り約○.○%)

2については、話した感じ自分に合いそうかどうかです。

3については、仲介したいだけのために査定価格を高めに提示してくる会社がいます。高すぎるかを判断するためにも、複数の仲介会社に査定依頼して、査定価格の比較をします。

外伝・おどろきの不動産仲介会社

その会社名は仮にR社とします。昨年の10月に査定依頼して、今になっても何社からは電話がきます。

電話がくると、その番号を電話帳に登録するのですが、R社は毎回違う電話番号でかけてきます。

数えてみたら、R社だけで電話番号が10個ありました。東京の会社ですが、大阪の市外局番からかかってくることもありました。

なんとか電話にでてもらおうとする策でしょうが、そこまでするかと驚きです。

さいごに

適正な売却価格を求めるために、複数の仲介会社に査定依頼するのは効果的です。依頼後の電話はとても面倒ですが、一括査定はするべきでしょう。

あと関係ないですが、本日の株式相場でショックだったのは、オリンパス<7733>を1614円で空売りし、1515円で返済する注文をしていましたが、場が開く前にキャンセルしてしまったことです(´・ω・`)本日、オリンパス<7733>は1,448.50まで下落しましたから…(´・ω・`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました